Body

3方向の動きについて

本日は、昨日お話した27 SFT Positions 関連する「3面」「3方向の動き」について書いていこうと思います。

まず、「3面」について。

図のように、

・前後の動きを「サジタルプレーン」

・左右の動きを「フロンタルプレーン」

・捻る動きを「トランバースプレーン」

で、

頭文字でSFTとなります。

こちらは、違う言い方もあります。ホリゾンタルとか、コロナルとか、、何が正しいか分かりませんが、3つあると理解しておけば大丈夫ですね。

そして、昨日の27 SFT Positions。

・S=どちらの足を前に出すか。同じ、右、左

・F=どのくらい足を開くか。腰幅、狭く、広く

・T=どのくらい足を捻るか。(つま先)前、内、外

繋がってきましたね。

足ではなく、カラダ全体の動きでいうと、図のような動き。

左から2つずつ、前後、左右、捻る(回旋)動きになります。

これは、右足を軸にそれぞれの柔軟性のテストであったり、エクササイズになります。

全体の動きになると、ひとつの動きに関して、たくさんの筋肉が関与しています。縮んだり、伸ばされたり、、

というところから、何度か話している

・部位別に改善していきながら、全体ができるようになるのも良し。

・全体の動きを良くしていくことで、部位も改善していくのも良し。

という流れになるかと思います。

では、昨日の内容に絡めて考えてみると、

RXXは右足前のポジションでした。上の図などでいうと、どの動きが苦手だったのでしょうか。その辺はまた、次の回で説明します。

-Body

Copyright© Light , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.