Body

SPORTEC 2019(展示会)視察

先日は、久々に運動施設の機器や用具、食品などの大きな展示会に行ってきました。
マニアックな内容は、別の場所でするとして、、なるべくパワープレートよりなご報告。
なぜか、写真が取れてなかったので、一番カッコよかったインテンザ フィットネスの画像です。

さて、パワープレートについてですが、

1、NABOSOマットというものに触れてました。

NABOSOマットは、アメリカの足病医Podiatrist(足専門のドクター)が開発したトレーニングシステムで、Bare foot training のEmilyが開発したマットです。

(*プレートに敷くものと床のマットと2種類ありました。)

私は、Bare foot training SpecialistのLev.1は所持しており、足部の状態により現れる

「カップリングモーション」、

「神経的、筋膜的関連性」、

「足部とコアの関連性」

などを、コンセプトにしたものです。

専門用語になったので、噛み砕くと、「足をみて全体の関連性を見て処方するトレーニング。」になるかと思います。

今回のマットは、足の裏からの刺激による変化を狙ったものと考えられ、コンセプトでいうと、「神経的、筋膜的関連性」に一番近いものかと思います。

施設で行うボールでコロコロの代わりになるのか、、それ以上のメリットがあるのか、その辺は多々質問もあるので、セミナーなど受けてから導入を検討したいと思っています。

新しいものは、データやケーススタディも少ないとは思うので、理論的に納得できるもの且つ、使いやすさで決める予定です。ちょっと硬かったので、プランクやラテラルプランク時の接触が気になりました。毎回付け替えるのも大変ですね。

2、プログラム多数

会社向け、ゴルフ、ウーマンズ、など多数のプログラムと導入施設のデモンストレーションをしていたようです。

Lightの運用に関してでいうと、個別にプログラムを組むので、特定のメニューを作る予定はないのですが、パワープレートや、自分の取得しているTPI(ゴルフメーカー 「タイトリスト」のスポンサードしているパフォーマンス研究室)などを絡めて、ホームページ上で考え方の部分で出していければと思っています。

3、メディカル系強化?

ブースの中にメディカルフィットネスのお偉い人がいたのが、一番びっくりですかね。近年はフィットネスでアクティブな内容が多かったのですが、今後はメディカルの盛り上げが大きくなるかもですね。やっぱり、治験やケーススタディの情報は欲しいですし、それがあってこその、パワープレートですね。この辺は今後楽しみです。

4、その他振動マシン

意外と安価な振動マシンは増えています。

ガタガタなシーソー型がほとんど。品質も良いものは、まだまだという感じでしょうか。。。Lightでもパーソナルパワープレートは置いてますが、、、やはり、「家庭用は家庭用ですね」と言われる方が多いのと一緒でしょうか。

などなど、

その他も面白いものがあって、今取り入れたいもの、今後取り入れたいもの、少しづつサービスがよくなるようにコツコツ準備できればと思います

-Body

Copyright© Light , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.