PowerPlate

Think different


タイトルのThink differentはappleの有名なCMですね。
私はApple製品だ大好きですが、そうでない人も心を打つ動画です。どんな分野でも大小自分の中の『Think different』な人や企業はあるかもしれませんが、私の中でが一番『think different』を感じた施設は、写真のパンフレットにあるサンディエゴの脊髄損傷回復施設ProjectWalkです。
 2012年にロスで1週間アスリートパフォーマンスのメンターシップを受けた際に、半日だけ時間があったので通訳と車をお願いして立ち寄りました。施設の設備は、大きな訓練台はありましたが、最近のファンクショナルジムのような感じで”リハビリ”感はほとんどなく、通常のジムのように明るい雰囲気でトレーニングされてました。違うのは、ハーネスが天井にどこにでもつけられるようになっているのと、患者よりトレーナーの方が多く2名以上で1人をサポートしてました。

 そもそも、ドクターにもう歩けないと言われた人を歩けるようにするって『Think different』ですよね。本当に凄い。創設当初の話を聞くと、このパンフレットの人が最初の患者さんで、トレーニングを受けることで車椅子から卒業することができた人とのこと。はじまりは、病院のリハビリが終わった車椅子の脊損患者が、当時アスリートのトレーニングをしていたトレーニングセンターに来て、「歩けるようになりたいから、同じトレーニングをさせてくれ」といったところから始まったそうです。現状を変えられるのは、強い意志の共同なのかもしれません。車椅子持ち上げている姿が、最高にカッコイイです。
 施設の歴史がストレングストレーニングのためか、トレーナーが多く、AT・PTの人数と変わらないといってました。毎週施設内勉強会があるようで、向かう方向性が同じであれば、持っている資格は変わらないのかもしれません。
 また、そんな志高いスタッフと自分の可能性を信じる利用者が、ProjectWalkの雰囲気を作っているから素晴らしいんだなと、、ProjectWalkに限らず、どんな施設にもストーリーがあって、施設の文化になっていくものだと思います。
 今回お店をオープンするにあたり、「こんな施設にしたい。」というものもあるのですが、施設と利用者さんの共同でストーリー作られていくんだろうな。と感じ数年後にLightはどんな施設になるのか。それも楽しみではあります。そして、いつもセミナーで合う運動指導者は『Think different』な人が多いのかもしれません。それぞれが高みを目指し、日本や世界を変えることができたなら、素晴らしいことだと思います。私は、スタートラインに立ったばかりですが、目標高くということで。。今回は雑談になりました。

-PowerPlate

Copyright© Light , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.