PowerPlate

【動画解説】コアスタビリティー #4


本日からは、ポジションを変えて行う、対角線上の動作と安定性になります。


まず初めは四つん這いの姿勢で、対角の肘と膝をつけるエクササイズになります。基本的にリーチして手を伸ばした状態からタッチしても良いかと思いますが、。今回は、手は頭の後ろに置き、胸部の動きを出すような動きにしています。四つん這いで、腹筋のツイストをしているようなイメージです。
対角の動きに対して支持する手足が安定しているかがポイントなるかと思います。グラグラしながら長く続けず、できるだけ安定した動きで短い時間で集中して行いましょう。通常の動かさないパターンが安定してから行うようにしてください。


次は膝立ちから、片膝立ちになるときに肘と膝をタッチさせていますが、初めから片膝立ちから行っても良いと思います。
今回は同じ動作をポジションを変えてということで、手足を動かしています。
できるだけ、手足が一緒に動くように行ってください。体幹を安定させて、胸部の回旋するのですが、腰が反っている人は足をあげるのも腰反ったり、回旋も引く動作が強く難しいかもしれません。できるポジションから行ってください。


最後は、立位での動作になります。片足でバランスをとっては立ち、肘と膝をつけていきます。こちらは片足のバランスが取れるかどうかで左右差が出るかもしれませんが、四つん這いや膝立ちで左右ができていれば、ある程度大丈夫かと思いますが、動作は大きくなりますので、安定して行うようにしてください。
軸足が曲がってしまいがちですが、振動が気にならない方は、軸足に乗って行ってください。重心位置をしっかり意識して動作学習していくのにパワープレートは非常に有効かと思います。苦手な回旋方向がある方は、立位まで戻して日常動作につなげていきましょう。

-PowerPlate

Copyright© Light , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.