未分類

損をする人 徳をする人

本日は、吉本関連で話に出ていた詐欺の時事ネタではないですが、損得の話。

結論は、「ほんの少し考えること」が重要と言う話。

なんか、振り込め詐欺の注意フレーズみたいですが、ここで言う損得の問題については、健康に対する広告や情報です。

基本的に騙されやすい人は一定数いて、そこに向けて広告は出されています。特に日本人は自分の意見や主張が少なく、言われたことを、そのまま従う人が多いのが特徴です。基本的に大きな企業の商品開発はマーケットインと言われる、市場動向をみて商品が開発されリリースされます。なので大きな会社の宣伝や商品の多くは世の中の傾向を表していることが多いと思います。今年この成分や商材が流行りそうとか調べたりするところもあれば、多くの人が求めているダイエットや病気の改善、栄養食品など、そんなことないだろうと言う商品や情報を出すケースも多いです。そんな商品でも成り立つくらい購入する方は多いのです。その情報を多くの媒体で露出、使用した人の感想、雇われた認識者のコメントを活用して「効果ありそう」「買ってみよう」と思わせる。詐欺と言うのは、どこからが詐欺で、どこからが反社会的組織なのか分からなくなりますが、、

「一番いいもの」を求める分かりやすい結論が欲しい人。

「分からない」を前提に問題解決を自分でできない人。

は市場のターゲットかと思います。「分かりやすさ」注意ですね。

重要なのは、「自分に合うか」「自分に必要か」です。ちょっと考えたり、調べたりして、自分に必要と思えるかどうか。受ける情報は注意ですが、自らとる情報は良い確率が増えていきます。あとは、自分が信頼できる情報と合えるかどうか。

健康、美容などの商品や情報は、個人差もあれば、生きている人の体内で何が起こるかは、非常に難しい問題のため、正直、完璧な答えはないです。

もちろん提供者は、日々勉強して良いものを提供しようとしています。

なので、マーケット調査に力を入れるところなのか、健康・美容に良いものを調査するのに力を入れているのか、比重を見ることで選択の指標になるかもしれません。

いろんなことに言えますが、今見えているものは、ほんの少しで、見えてないものが非常に多いものです。

-未分類

Copyright© Light , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.