PowerPlate

【動画解説】プランクバリエーション #3


本日からプランクのバリエーションになりますが、大きいパワープレートでは、行なっているので、同様の説明が多いと思いますが、再度確認ください。

フロントプランク アームリーチ


今回は、「プランク アームリーチ」ということで、片腕支持になる種目です。まず、カラダを頭からつま先まで一直線にします。お尻や腰が上がったり下がったりしないように注意してください。この基本ポーズができることを確認した後、まず手を前方に伸ばしていきます。
片腕支持になった時に起こりやすいのは、カラダが左右にずれてしますことです。また、肩の問題などがある人は、手を伸ばした時に腰が反ってしまうことです。耳が隠れるくらい腕を上げても腰が反らない形を作りましょう。


また、横に開く場合は、重心が大きく変わりますので、さらにカラダが横にずれやすくなります。注意して行いましょう。
以前もお伝えしましたが、脚を浮かすのと比べると、腕はかなり大変になりますので、他の種目を行なってからでも十分かと思います。また、カラダが横にずれ過ぎても体幹への良いエクササイズにはなりずらいので、使用部位を確認して行なっていきましょう。

フロントプランク アームスイング

次は、「プランク アームスイング」となりますので、前回の片腕支持のまま腕を動かす種目です。まず、基本の姿勢でカラダを頭からつま先まで一直線にします。お尻や腰が上がったり下がったりしないように注意してください。
この基本ポーズができることを確認した後、まず腕を体の横で上下させます。
より体幹を安定させる力が必要になり、カラダが左右にずれやすくなります。また、足の位置が近くなたり、腰や肩など問題が起こりやすくなります。注意してくだ
前回のアームリーチをしっかり行えるようになってから、実施することをオススメします。パワープレートの種目は地味に見えますが、丁寧に行なって強度を上げていってください。

また、強度も上がっていますので、負荷が体幹部でなく肩で止まることも多いです。適正な負荷設定で目的とする部位に刺激が入るよう、確認して行いましょう。

-PowerPlate

Copyright© Light , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.