Body

来店頻度と運動効果について

本日は、頻度と効果についての話。

ひとつの結論から言えば、「目的は何であれたくさん来るほど効果は出る」になるかと思います。ただし、目的にもよるので、最後まで読んでもらえればと思います。

まず、トレーニングの教科書的には、超回復といって筋力トレーニング後、次のトレーニングまでの時間を開けた方が、コンディションが良く、トレーニング効果が上がると言われています。本当に確率されているわけではありませんし、部位によっても異なるなどもありますし、人種や人によっても違う可能性もあるかと思っています。

私が一番重要と感じるのは、習慣です。ライフスタイルに定着することが重要です。

毎日、カラダと向き合っていれば、トレーニング強度や疲労度などの経験値が溜まります。そして、自分でトレーニングメニューをプランを立てれるようになります。よくある例としたら、基本的には上半身の日と下半身の日や、プッシュ(押す動作)の日とプル(引く動作)の日などもありますし、3つほどに部位を分けて行う人もいます。または、リカバリープログラムの日や、有酸素の日など、自分に合うようにプランを立てているのが、フィットネス熟練者なのかなと思います。

いわゆる毎日行えば、自分のカラダの反応に対するインプットが大量にあるので、自分で調整することができます。ただし、そこの域になるまでは非常に時間はかかるかと思います。これを短縮し、効率をあげるとしたら、パーソナルトレーナーに見てもらうことをおすすめします。何もアドバイスがない状態で走り出しても、自分が求める効果を実感するまで、かなりの遠回りになります。

そこで「何回トレーナーに見てもらったら良いか」に関しては、自分一人で実行できるかどうかですので、色々覚えてきて、自分一人でもきちんと行えそうだと思った時になります。実際は、トレーナーがいる時よりは、質が落ちるのは仕方ないので、8〜9割くらいの強度や挙上回数など自分できれば、良いのではないでしょうか。

という感じで、パーソナルトレーナーに見てもらいながら、ジムに通って、自分の行う種目が分かってきたら一人で毎日、、、という高いハードルについて書いていきましたが、これは理想の話ですね。それに、ずっとカラダを変えていく人や高いレベルで維持する人のプランになるかと思います。

前にもブログで書いているかと思いますが、新しい習慣を作ることは非常に大変です。ライフススタイルで限られた時間を定期的に削ることを意味します。あたなにとって重要な時間を永遠に使っていきます。あなたのライフプランにあっていますでしょうか?

私は、運動は健康のための予防として常にしなければいけないものだと思います。そして、来店頻度と運動効果はその方の目的によって変わるものだと思います。しかし、重要なのは2つ。

1、一生続けられる技術を、トレーナーから習う。
2、運動の時間と効果をライフプランのどのくら費やせるか考える。

カラダをカットが出るくらいに引き締めたいという、ある人は、「最初は週に2〜3回トレーナーに習って早めに目標達成して、その後は24時間ジムで自分で維持するトレーニングする。」カラダが硬く重く感じるので改善したいと思う、別の方は、「週1回はトレーナーに見てもらい、散歩程度はするようにして、少しづつ改善する。」でも良いかと思います。

重要なのは、永遠に運動は運動はしなければいけないという事実です。動かなくなったところから、カラダは退化していきます。あなたにとって一番適切なアドバイスをくれる方を見つけてください。Lightもそのお手伝いができるよう、日々勉強していきます。

-Body

Copyright© Light , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.